髪は女の命、ヘアケアの大切さ


髪の毛は昔から女の命といわれるほど大切なものです。特に日本人女性の髪は黒く、しっかりとしているので伝統工芸の漆などに使われることもありました。それだけ日本人女性の髪は黒くつやがあり、美しい髪なのです。しかしながら、最近では、ファッションなどの流行から、十代からヘアカラーで髪を染めたり、パーマを当てたりを繰り返し髪へのダメージを与えています。また、若い時にヘアケアを怠ったために、年齢とともに髪が薄くなってしまう人もいます。


このように、髪にダメージを与え、ヘアケアを怠った結果、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えていることも事実です。流行のファッションなどの影響で髪の毛を染めたりパーマをかけることは、実は髪へ大変なダメージを与えてしまっているのです。髪へ与えたダメージを修復するためには、ヘアケアが大切です。髪は再生します。そのためヘアケアによって髪のダメージを回復し、艶のあるきれいな髪の毛にしてあげるだけでなく、髪の根元から健康を取り戻してあげましょう。


髪のダメージケアには、まず、髪に栄養を与えてあげることが肝心です。シャンプーは髪に栄養を与えながら汚れを落とす役割を担います。ヘアケアにおいて髪の汚れを落とすことは大切です。髪をきれいに洗ったら、リンスやコンディショナーで髪の保湿や紙の表面の保護をしてあげましょう。できれば、リンスやコンディショナーは髪につけてすぐに洗い流すのではなく2、3分時間を置いてしっかりと髪に浸透させることが髪のダメージを修復し艶のあるきれいな髪に戻してくれる効果があります。